契約時に注意しておくポイントとは?

賃料以外に必要なお金には何があるのか

賃貸の部屋は賃借契約を交わした後に、家賃の前払いや敷金や礼金と言った費用の支払いが必要になります。
敷金は部屋を退去した後のハウスクリーニング費用、礼金は大家さんへのお礼などであり、賃料意外に必要になるお金です。
敷金や礼金以外にも、賃料とは別に必要な費用として、共益費もしくは管理費、仲介手数料などがあります。
契約時に支払うお金には何があるのかを事前に確認しておくと安心です。
賃貸物件の場合、契約期間が決まっていますが、契約期間後も継続して部屋に住み続ける場合には更新料を支払えば良いのです。
契約時には更新料の支払い方法や、金額などについて確認すると同時に、いつまでに更新料を支払うのかも併せて確認しておくと安心です。

契約の解除や解約の予告

賃貸の部屋を借りる人の多くは、長く借りたいと思う人が多いかと思われますが、何らかの理由で契約期間の中で契約の解除や解約を行わなければならなくなるケースもあります。
契約の解除はどのような方法で行えるのか、手続き方法についての確認をしておきましょう。
賃貸の部屋を長く利用していると、住み替えを考えるケースもありますが、契約期間の中での解約は事前に退去するための予告が必要であり、これを解約の予告と言います。
解約の予告には退去する1ヵ月前や2か月前と言った具合に物件毎に異なるため、契約を交わす時に確認をしておくのが良いでしょう。
この他にも、ペット飼育や楽器演奏などの禁止事項、敷金の精算の取り決め、管理の委託先などについても事前に確認をしておくのがお勧めです。

帯広の賃貸とは帯広市において、土地や建物などの不動産を貸すことをいいます。一軒家のほかアパートを賃貸することが多いです。