内覧でチェックしておくべきポイントはこれ

収納スペースの大きさ

賃貸住宅を探す際、内覧は最も重要な行為の一つだと言えるでしょう。そこで物件の良しあしが分かりますので、きちんとチェックする必要があります。では、どのようなポイントを押さえれば良いのでしょうか。
まずは、全体的な収納スペースの大きさです。キッチンの戸棚の容量を始めとして、ウォークインクローゼットはあるかどうか、トイレに棚はあるかどうか、玄関のシューズ収納スペースは広いかどうかなど、チェックすべきポイントは数多くあります。暮らすためには多くの物が必要ですので、収納スペースは広めに取ってある物件の方が暮らしやすいと言えるでしょう。プラスしてタンスやボックスなどを購入せずに済むよう、きちんとチェックしましょう。

洗濯物を干す場所があるのか

賃貸物件を探す際、意外と見落としてしまいがちなので、洗濯物を干す場所です。毎日家族の家事をしている人であれば見逃さないのでしょうか、普通の人は見逃してしまう確率が高いと言えます。
洗濯物を干す場所というのは、大きく分けて幾つかに別れています。お風呂の浴室乾燥を使って乾かす、リビングなどの一角に干す、脱衣所の一角に干す……などです。しかし、専用の干場がないワンルームのマンションなどでは、洗濯物をカーテンレールに干すという惨事に陥ってしまうことになりかねません。友人や恋人や家族が遊びに来るとなると、大慌てで洗濯物を隠す必要があります。そうならないためにも、洗濯物をどのように干すのかということを念頭に置いておきましょう。